【日本にもすごい人がいた! 吉田松陰先生から学ぶ、覚悟の磨き方とは?】

【日本にもすごい人がいた! 吉田松陰先生から学ぶ、覚悟の磨き方とは?】

 

今日ご紹介する本は、もしかしたらどこかで
見つけたことがあるかもしれません。

なんせ約30万部近く売れてますから!

すごいことですよこれ。
以前どこかの記事で書いたかもしれません
が、本というのは毎日新刊が数百冊出版され
ています。

“毎日”約200~300冊と言われています。
1ヶ月にすると約 6,000冊、年間にすると約
7万冊もの新刊が出ています。

それだけの本が出ると、当然のことながら
売れる本と売れない本があります。
当たり前です。

極論ですがもう、内容とか関係ありません。
どんなに良い本でも売れないものは売れませ
ん。
書籍にになるくらいなので、大抵は何かしら
いいこと書いてます。

著者が有名かどうかも関係ありません。

もちろん、有名であることにこしたことはあ
りませんが、大ヒットを出した方の次の本が
全然売れないなんてよくある話のようです。

 

 

「本が売れた!」の定義

毎日200~300冊が出版されて、年間約7万
冊。
その中で、『1万部以上』刷る本はどのくら
いあると思われますか?

50%の3.5万冊?

いやいや、せいぜい30%?

思った以上に書籍というのは売れないもので、
1万分以上刷るのは、

 

《1%の700冊程度です。》

 

厳密に言うと、「売れた本」ではなくあくまで
も「刷った本」の数です。

なので、1万部刷ったものの売れてないもの
も含みます。

それでも700冊しかないんです。

さらに、その700冊の中で10万部を超える書
籍なんて本当に限られるはずです。

約30万部売れたすごさが伝わりましたでし
ょうか?

本当にすごいんです。
しつこいですね(笑)

 

 

書籍のタイトルをお伝えします。

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰
池田貴将

 

です。

シンプルに言うと、名言集になります。
タイトルにあるとおり、吉田松陰先生が
熱く語りかけてくれます。

ちなみに吉田松陰先生をどのくらいご存じでしょうか?

松下村塾を作って、その塾出身の人に偉い人
がたくさんいたという感じですかね?

 

まあそんな感じで正しいのですが、もう少し
彼のことを知るとあらためてすごい人だと
再認識します。

友達と東北視察をする為に死罪覚悟で脱藩
・ペリー来航時に乗り込もうとして捕まる
・捕らえられ、獄中の中にいるにもかかわら
ず囚人達に「孟子」を教えていた
・弟子の一人が初代内閣総理大臣(伊藤博文)
・老中の暗殺計画などを自ら自白し死罪に…

まさに波瀾万丈。

 

松下村塾をやっていたのはわずか28歳だった

あまり知られてませんが、吉田松陰先生が
松下村塾をやっていたのはわずか28歳の頃
です。

そんな若い年齢で多くの弟子を持ち、その中
から多くの成功者を作ります。

しかも、塾をやっていた期間はわずか1~2年
の話ですからね。

今世の中にたくさんある塾やスクールの主催
者の方々に、是非モデリングして頂きたいも
のです。

売り逃げバンザイみたいなスクールが多いと
聞きますので。。。

1000人中1人の成功者をことさらピックアッ
プするのではなく、参加した多くの人に価値
を提供して頂きたいものです^^;

 

 

そんな吉田松陰先生の教え方というか、教え
るスタンスは常に

『一緒に学ぼう』

という感じだったようです。
このあたりにも教育や指導のヒントがあるの
でしょうか?

 

狂え!

吉田松陰先生は、自分を「狂愚」と呼んだそ
うです。

その考え方は、社会に対する絶望の表現であ
り、馬耳東風で動こうとしない社会に対する
皮肉なのかもしれません。

まあ、よく言えば平和、悪く言えば平和ボケ
ののんびりしている社会に、

「西洋が攻めて来て国に災いをなすぞ!」

なんて言えば、それは狂人扱いされます。
あまりにも周りから否定され続けたら自分が
変人?狂ってる?と思いたくなるかもしれま
せん。

書籍の内容に触れたいと思います

書籍の中で紹介されている名言の中から、
いくつか紹介したいと思います。

 

「いかに生きるかという志さえ立たせること
ができれば、人生そのものが学問に変わり、
あとは生徒が勝手に学んでくれる」

 

「教える者の生き方が、学ぶ者を感化して、
初めてその成果が得られる」

 

「まずは自分が今いるところから始めましょ
う」

 

「すべての問題の根本は自分の中にある。
外部に答えを求めることなく、まず微分はど
うあるべきなのか?」

 

「行動を積み重ねましょう。必要な知識や
言葉は、やっているうちに身につきます。」

 

「私が尊敬するのはその人の能力ではなく、
生き方であって、知識ではなく、行動なん
です」

 

「周りに感謝し、人に喜ばれることをすれば、
心は自然に磨かれていきます」

 

「何が得られるかは後、自分たちがやる意味
が先です」

 

「人類が誕生して以来、1つのことに本気で
取り組んでいる人の姿を見て、心を動かさ
なかった人はいません」

 

「人は何のために生きているかで決まるので
す。もし思い出せないなら、今すぐ思い出す
時間を作るべきです」

 

「定期的に頭の中を整理しておいた方がいい
でしょう」

 

「本当に知恵を付けたいと思うなら、賢い人
の言ったことや、やったことを、とりあえず
試してみてはいかがでしょうか?」

 

「問題に結びつかない情報収集は、ただの
退屈しのぎです」

 

「目指して欲しいのは、他人の考えを尊重し
認めながらも、自分の考えは周囲に流されず、
ハッキリと述べることができる、そういう生
き方です。」

 

「物事を成就させる方法はただ1つ。
それは覚悟することだと思います。」

 

この本を読んで具体的な一歩は?

昨日、以下の記事を書きました。

【本を読んだら必ずやったほうがいいです!
できる人がしているたった1つの読後の習慣
とは?】

 

具体的な一歩を書き出す野が読後の何よりの
読書を活かす習慣になります。

 

と言うわけで、この本を読んだ私の具体的な
第一歩は、

『私は(who)、吉田松陰さんのような熱い生
き方を生きる為に(why),毎日(when)ミッション
に沿った生き方ができたかを寝る前に振り返りま
す(what)』

とします。
多少修正はあるかもしれませんが。

 

何に対してどんな覚悟を持ちますか?

 

お読み頂きありがとうございました。
素敵な一日を過ごされてください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
家族から尊敬される父親が増えたら、
家庭円満な家族だらけになる。
そんな家庭が多かったら、
いい世の中である。
間違いなく。
淡治優太
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メルマガの登録解除は下記からお願いします。
お知り合いの方にお勧め頂けると幸いです。
http://mail.omc9.com/m/BOd7

ビジネスを通して『かっこいいオヤジ』を増やす!
1000いいねを取ったレポートをプレゼント中♪

そもそも『かっこいいオヤジ』とは?

ズバリそれは家族から尊敬されるオヤジです!

家族から尊敬されるにはどうすればいいのか?

その中で『起業』『ビジネス』を手法の一つとして考えています。

メルマガ登録でもらえる無料レポートは必見です^^

まずは下記からすぐに登録してください。

E-book画像111

ビジネスを通して『かっこいいオヤジ』を増やす!
1000いいねを取ったレポートをプレゼント中♪

そもそも『かっこいいオヤジ』とは?

ズバリそれは家族から尊敬されるオヤジです!

家族から尊敬されるにはどうすればいいのか?

その中で『起業』『ビジネス』を手法の一つとして考えています。

メルマガ登録でもらえる無料レポートは必見です^^

まずは下記からすぐに登録してください。

E-book画像111

ABOUTこの記事をかいた人

淡治です。 どうすればかっこよくなれるんでしょうか? そもそもかっこいいって何でしょう? 私の中で、「自分も周りも幸せにする男」がかっこいいと思います。 もちろんまだまだこれからですが、日々精進しております^^ そんな毎日の学びをシェアをさせて頂きます。 自分も周りも幸せにする人生をお互い送りましょうね^^ そんなおやじが増えれば、世の中間違いなく最高です!