【見ていた8割以上の人間が1000円払っていた。 超一流大道芸人は、超一流セールスマンだった!】

【見ていた8割以上の人間が1000円払っていた。 超一流大道芸人は、超一流セールスマンだった!】

 

いやぁ、いいもの見せてもらいました。
なんだろう、あれがプロのスキルなんだろう
な~と心の底から感じました。

駅前で出会ったある職業の人

つい先日、ある駅前で人がたかっていまし
た。
まあ、ちょっとしたライブとかかなぁと
軽い気持ちで後ろからのぞいたんです。

大道芸人の方だったのですが、出し物は
『マジック』でした。

 

私が見たときはコインとカードを使った
マジックでした。
コインが無くなったり、移動したりと不思議
で楽しい時間でした。

けどまあそのこと自体は特段ものすごく感動
するものではありません。

 

プロの仕事

誤解を恐れず言いますが、マジシャンの方
が上手いマジックを見せて下さるのはよく
ある《普通》のことです。

そうですよね?

 

歌手が歌うまいのって珍しくないですよね?
料理人が料理上手なのも、
大工さんが上手に家作るのも、
マッサージ師さんがコリをほぐすのも、

 

考えてみれば《普通》のことです。
私はそう思っています。
それがお金をもらうプロだと。

お金を頂いているプロなら、素人とはありえ
ないほど大きな壁があってしかるべきだと思
っています。(自戒も込めつつ笑)

 

大道芸にお金を払いますか?

一つ考えてみてください。
普段歩いていて、路上ライブとか、大道芸の
人にお金払いますか?

しかも、今回は私の財布を開けさせたうえに
硬貨ではなく【紙幣】を入れさせたんです!
入れてもせいぜい数百円とかじゃないです?

私は今までお札なんてほぼ入れたことなかっ
たんですから。

 

紙幣を入れたのには理由があるんです

紙幣を入れたのは、その大道芸の方のスキル
がうまかったのももちろんあります。
けど、中でも2つのことが素晴らしかったで
す。

2つのことは何か?

それは、『BGM』『話術』です。

これだけ書くと、

「ふーん、そうなんだ」
「BGM、話術はいはい、確かにね」
「オッケー、んで他には?」

みたくサラッと流しちゃう方もいるでしょ
う。
仕方ありません。

私の筆力がもっとあれば私が感じた感動を
伝えられるのですが…。

 

まず、1つお伝えしたいのは私は普段大道芸
とか見てもお金入れません。
そもそもですが、大抵の場合言えるのは

『最後まで見ません』

 

大道芸を見たことある方はお分かりだと思い
ますが、大道芸というのはメインイベントの
出し物(大技)が終わると帽子とか箱を持って
回ります。

何のためか?

はい、『お金を集めるため』です。
彼ら大道芸人さん達はあのパフォーマンスで
ご飯を食べているんです。

もちろん、それだけでは食べていけないでし
ょうからアルバイトをしたりしています。

今回私が見させて頂いた大道芸人さんは、
聖寿(せいじゅ)さんという方です。

聖寿(せいじゅ)さんは、こちらの事務所
所属されています。

 

彼が上手かったのは、パフォーマンスはもち
ろんですが、『見せ方』なんです。

見せ方のテクニックが並の大道芸人さんとは
段違いだと感じました。

 

他の大道芸人との違い

見せ方の大きな違いとして、先に挙げた2つ
が大きく違いを個人的に感じました。

1.BGM
2.話術

1.BGM

使っていた音楽が何か特殊だったとかでは
無いと思います。

使い方が絶妙で、手元で音の大きさ、一時停
止などをきちんとコントロールしていたんで
す。

ほとんどの大道芸人さんは、一度音楽をかけ
たらかけっぱなしじゃないですか?

 

それか、わざわざステレオのとこに行って
止めに行くとか。

それを手元でサラッと変えているので、空気
が壊れないんですよね。

そのままスウッと流れていくと言いますか。

 

TPOに合わせたチョイスはもちろんです。

シリアスな話、例えば大道芸にかける思いと
かの時は当然ですがスローな曲調、大技に入
る前のあおりのタイミング時はアップテンポ
でした。

ちょっとした事かもしれませんが、そういう
のが並と一流の違いなのかもしれません。

 

2.話術

一番の違いはこれです!

彼は一流の大道芸人でもあり、一流のセール
スマンだったんです。

大道芸を見たことある方はお分かりだと思い
ますが、彼ら大道芸人さんは面白いんです。

技と技との合間だったり、観覧者達を飽きさ
せない為のトークが秀逸なんです!
客のいじり方も上手い。

 

観覧者達をよく見てますよね。

ちゃんと集中してくれているのか?
つまらなそうにしてないか?
帰った人はいないか?

よーく見てます。

 

当然ですが、毎回同じお客さんではありませ
ん。
当然好みや反応も違います。
だからこそ見るんです。

・男女比は?
・年齢構成は?
・家族、カップル、学生?
・何がウケた?
・何がウケなかった?

もっと言えば、天気や気温、時間帯による
人の流れも当然見てるでしょうね。

 

欲しいものを要求しています

そしてこれがハッキリしていたのですが、
彼は技と技の合間とかに語りかけます。

・大道芸とはどんなものか?
・どんな思いでやっているのか?
・大道芸人が受け取るフィーの話
・他の大道芸人と自分との違い

などをユーモアを交えながら語るんです。

 

そして、最後の大技の前に顧客のセグメント
をしっかりしていました。

「ここまでご覧になって一円の価値も感じな
い方もいらっしゃると思います。
そういう方はぜひお帰りになられて結構です。」

みわたく、暗に《最後まで見たらお金払うん
だぞ》イメージさせます。

全員ではないにせよ、ここで多くの観覧者達
は思ったはずです。

《最後まで見たらお金払わなきゃ》

もちろん何の強制力もありません。
そこでまた彼は言います。

「最後まで見てもそのまま帰る残念な人もい
ます。
けど僕は、日本に素晴らしいパフォーマンス
にはきちんとフィーを払う文化を創りたいん
です!」

みたいなことを言うわけですよ(笑)

お金を払う

価値を受けたら対価を払う文化を創りたい

日本以外では当たり前の文化

『お金を払う』ことがインストールされるん
ですね。
そしてきちんと伝えます。

「硬貨ではなく紙幣でお願いします」と(笑)

彼も言ってましたけど、ここが他の大道芸人
さんと大きく違う点かもしれません。

私が見てきた大道芸人さん達は、どこか相手
に任せる受動的な態度だったんですよね。

「もし良かったら~」
「お気持ちで構いませんので~」
「できれば~」

みたいな。

 

彼のようにきっちりと「紙幣を入れて」と
言えないんですね。

以前下記の記事を書きました。

【ワンコンテンツワンアウトカムって何だ!? これを大事にしろ!と起業家の先輩に言われた大切なこと】

http://cool-father.com/2016/03/05/one/

1つのコンテンツには1つのアウトカム
(出口)を示しましょうという記事です。

この記事では、あれやこれや書かないように
しましょうともう一つの意味の、きちんと
出口を提示しましょう!とがあります。

 

これこそが大道芸人の聖寿(せいじゅ)さんが
やっていたことです。
きちんとお金を下さい、コインではなく紙幣
でお願いしますと。

明確ですよね。
お客様が、この後『何をすればいい?』
分かるようにしてあげてるんです。

ある種『洗脳』に近いかもしれません。
けど、プロとしてプロのスキルを提供し、
その対価をきちんと胸張って請求していた彼
は正しいし、納得して私も払いました。

 

プロである以上、お客様からきちんと正当な
対価を得る。
それに躊躇しない自信のあるサービスを自分
も提供しなければなと思わされました。

 

 

本物の『プロ』の仕事してますか?

 

お読み頂きありがとうございました。
素敵な一日を過ごされてください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
家族から尊敬される父親が増えたら、
家庭円満な家族だらけになる。
そんな家庭が多かったら、
いい世の中である。
間違いなく。
淡治優太
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
メルマガの登録解除は下記からお願いします。
お知り合いの方にお勧め頂けると幸いです。
http://mail.omc9.com/m/BOd7

 

ビジネスを通して『かっこいいオヤジ』を増やす!
1000いいねを取ったレポートをプレゼント中♪

 

そもそも『かっこいいオヤジ』とは?

ズバリそれは家族から尊敬されるオヤジです!

家族から尊敬されるにはどうすればいいのか?

その中で『起業』『ビジネス』を手法の一つとして考えています。

メルマガ登録でもらえる無料レポートは必見です^^

まずは下記からすぐに登録してください。

 

E-book画像111

 

ビジネスを通して『かっこいいオヤジ』を増やす!
1000いいねを取ったレポートをプレゼント中♪

そもそも『かっこいいオヤジ』とは?

ズバリそれは家族から尊敬されるオヤジです!

家族から尊敬されるにはどうすればいいのか?

その中で『起業』『ビジネス』を手法の一つとして考えています。

メルマガ登録でもらえる無料レポートは必見です^^

まずは下記からすぐに登録してください。

E-book画像111

ABOUTこの記事をかいた人

淡治です。 どうすればかっこよくなれるんでしょうか? そもそもかっこいいって何でしょう? 私の中で、「自分も周りも幸せにする男」がかっこいいと思います。 もちろんまだまだこれからですが、日々精進しております^^ そんな毎日の学びをシェアをさせて頂きます。 自分も周りも幸せにする人生をお互い送りましょうね^^ そんなおやじが増えれば、世の中間違いなく最高です!