【やはりプロに聞いてよかった1つのこと】

【やはりプロに聞いてよかった1つのこと】
 
プロフェッショナルという言葉がる。
プロフェッショナル 、略して「プロ」は、
本来の意味はその分野で生計を立てている
ことを言います。
                                
 
分かりやすく言うと、それでメシを食って
いるか。
対義語はアマチュア、類義語にエキスパート
、スペシャリストがある。
                                 
 
シンプルに言えばお金をきちんと得ている
専門家のことで、当然その分野について、
専門的知識や技術を有している。
                                   
 
そんな体験をしたのでご紹介させて頂け
ればと思います。
                               
 
先日、仕事でお会いしたその女性は長い間
保育園で保育士をやられていました。
長男さんが30近かったので、単純に仕事を
してた期間はそれ以上になります。
                                
 
朝から晩まで大好きな可愛い子供たちに囲ま
れる、それを夢見る保育士は多いそうです。
実際の現場はもちろんそういう可愛い子供
から癒される事もあるものの、それ以上に
かなりの肉体労働とおっしゃっていました。
                                
 
相手をしているのが子供とはいえ生きている
生身の人間、何かあってからでは取り返しが
つきません。
                               
 
さらに想像できるかも知れませんが、大変な
のはそのご両親たち。。。
俗に言う『モンスターペアレンツ』というの
は実際に存在するようですね。
                                 
 
まあこれを読んでいる人達の多くは、私自身
も含めて考えたことあまり無いと思います。
世の中にどれだけ児童虐待が実際にあるか、
それと同じくらいの数のネグレクトがあるか。
                                 
 
ちなみに、ネグレクトというのは児童虐待の
ひとつで、育児放棄の事を指します。
余談ですが、ネグレクトは子供に対してだけ
ではなく、障害者、高齢者、家族などに対し
ての虐待や無視など広義にわたります。
                                
 
すみません、話がそれました。
まあいつもの事なのですが(笑)
                                 
 
その元保育士さんに私はどうしても聞きたい
事がありました。
ちょっとこんなとことで言うのもどうかと
思ったのですが書きます。
                                 
 
ウチの子(2歳と5ヶ月)が、とにかく寝ない
んです。
寝る時間は我々大人と同じ10時や11時は当た
り前、日によっては12時近かったりします。
                                 
 
2歳ですよ?(笑)
だらだらおもちゃで遊んでいるんです。
私が遅いので奥さんにまかせっきりで本当に
申し訳ないのですが。
                                 
 
当然、ウチの奥さんも色々と対策を練ります。
なるべく昼寝の時間を短くした入り、少し
でも日中体を使わせて夜疲れて寝るように
とか。
                                 
 
何とかして「寝る時間を早めたい」と思って
いたものの、いまいち進展は見られません
でした。
                                
 
それもあって、ズバリ聞いたんです。
私「ウチの2歳の子がなかなか寝ないんです。
どうすればもっと早く寝ますかね?」
                                
 
その回答が的を得ていたし、他の色々なこと
に応用できると感じたのですが、
                                 
 
元保育士さん『いかに早く寝させるかに意識
を持っていくのではなく、いかに早く起こす
かを考えたほうがいいですよ』
                                 
 
サラッと書きましたが、すごく私にとって
は身になったんです。
人は問題を抱えているとき、つい解決したい
目先の問題しか目に入りません。
                                
 
今回の例でいくと早く子供を寝かせたい。
ただ、解決する為には視点をずらす必要が
あったんです。
                                  
 
いかに早く寝かすか→いかに早く起こすか
                                 
 
問題を問題としてだけ見ていると、解決策が
出てこないこともあります。
元保育士さんはその問題の根本的な部分が
分かるから注力すべき部分が分かるんですね。
                                 
 
あ、もちろん今回のアドバイスが当てはま
らないケースも当然あると思います。
けど必要なのは目先ではなく全体を見ない
といけないなと思った次第です。
                                
 
がまだまだできてないなと実感しました。
                                 
 
そしてプロは、普通の人よりも知識やスキル
があるのはもちろん、多くの失敗の経験に
よって、我々とは違う「視点」を持ってい
るのも大きな特徴なのかなと思いました。
                                   
 
 
その問題の解決策の視点を変えてみませんか?
                                   
 
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
家族から尊敬される父親が増えたら、
家庭円満な家族だらけになる。
そんな家庭が多かったら、
いい世の中である。
間違いなく。
淡治優太
http://cool-father.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ビジネスを通して『かっこいいオヤジ』を増やす!
1000いいねを取ったレポートをプレゼント中♪

そもそも『かっこいいオヤジ』とは?

ズバリそれは家族から尊敬されるオヤジです!

家族から尊敬されるにはどうすればいいのか?

その中で『起業』『ビジネス』を手法の一つとして考えています。

メルマガ登録でもらえる無料レポートは必見です^^

まずは下記からすぐに登録してください。

E-book画像111

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

淡治です。 どうすればかっこよくなれるんでしょうか? そもそもかっこいいって何でしょう? 私の中で、「自分も周りも幸せにする男」がかっこいいと思います。 もちろんまだまだこれからですが、日々精進しております^^ そんな毎日の学びをシェアをさせて頂きます。 自分も周りも幸せにする人生をお互い送りましょうね^^ そんなおやじが増えれば、世の中間違いなく最高です!