【本物のサービスを受けた方がおトクな3つの理由】

【本物のサービスを受けた方がおトクな3つの理由】

 

今日は、サービスについて書きます。
そして、どうせ受けるなら『本物』のサービスを受けるのがいいですよというお話です。

そもそも、サービスとは何を指しているか?
サービスとは、経済用語において、売買した後にモノが残らず、効用や満足などを提供する、形のない財のことを言います。

 

形がないんです。
なので基本的に数値化できません。
べジータが付けていたスカウターがあって、ボタンをピッと押せば相手のサービスレベルが分かるようなものではないんですよね。

あ、スカウターって分かります?
ドラゴンボールの中に出てくる道具で相手の戦闘力が分かるんです(笑)

まあ、形のないサービスで何をもって私は『本物』を感じる、感じないかを書きたいと思います。

物であればある程度分かりやすいと思うんですよね。
キレイとか、大きいとか、さわり心地がいいとか色々と基準があると思います。

 

サービスは相手の為のもので、相手がどのように感じてくれたのかが全て。
大手企業とかはマニュアルでサービスの質を保とうとするけどなかなかうまくいきません。
理由はシンプルで、そのマニュアルどおりのサービスを受けても満足しないからである。

某大手ハンバーガーチェーンでアルバイト達が浮かべている笑顔一つとってもどこか素人感が否めない。
それこそ本当に相手本位でサービスをしてくれる方からはそれを感じない。
提供されるサービス一つ一つにプロフェショナルさを感じる。

 

先日、仕事の合間にポッカリと時間が空いたので、とあるスーツ屋さんに入った。
まあ、男性でも女性でもよほど買う気満々のときでもない限り店員さんには寄って来て欲しくないだろう。

何となく見たいなぁと思っているだけのに、
「どんなものお探しですかぁ~?」
「今新しい○○が入荷したんです~」
「サイズお出ししましょうか~?」

そういうのいりません!(私は。。。)
だって今日はそんなに買う気が無いから。
何となく見たいだけだから。

けど、そのお店のとある男性スタッフは違いました。
ファーストコンタクトの段階からものすごくスムーズだったんですね。

 

何となく近くに来たなと思ったら、ニコッとして深々と頭を下げてあいさつをしてくれて、何かお手伝いをさせてもらえる事があれば言って欲しい旨だけ伝えてその場を“すぐに”去りました。

この段階でセールスや売込みがあると、私はもうイヤです。
帰ろうかなと思ってしまいます。

 

もちろんこれはそのお客様によるでしょう。
私のようにすぐに売り込まれる事が嫌いな人もいれば、逆にチヤホヤされると財布の紐がどんどんゆるむタイプもいればと様々です。
ただ、その男性スタッフはその場をすぐに去って、私はずっと放って置かれたかというともちろんそうではありません。

その男性スタッフさんは、整理するフリをして、きちんと私の動向をさぐり、けども相手(私)にとって不快を感じさせない距離感を保っていました。

 

私はそのスタッフさんがこちらを見ていると感じないくらいだったので、ゆっくり商品を見る事がで来ました。

商品って見ているとお店に入る以上、興味が【ゼロ】って事はないじゃないですか?
当然いい商品があれば気になりますし、価格が思ったより安かったりすれば欲しくなってくるのが当然です。

私もそれでした(笑)
見ているうちに、「おっ」と思える商品があり、価格を見るとなんとセールで安くなっている。

 

むむ、欲しいぞ。
するとどこからか彼はやってきました。
「あ、ぜひはおってみてください(ニコ)」

はおりましたよね(笑)

すると彼は、私のニーズやウォンツをすぐに把握したようで、見ていた商品の同じような形、素材、色違いなどを提案してきてくれました。
ちゃんとセール品とかリーズナブルなものを中心に。

 

あくまで私のニーズを中心に。
それでいてプロの的確なアドバイスをちりばめられていました。
素材の特性だったり、色の合わせ方だったり、価格と時期の話だったり。

私なんかはそういうプロの知識をきちんとある方はどんな業界でも基本的に尊敬してしまうので、色々聞いてしまいました。
そうやってコミュニケーションしながら思ったのが今日のタイトルなんです。

 

本物のサービスを受けた方がおトクな3つの理由。

「3本 写真 フリー」の画像検索結果
その3つは下記で、本物のサービスは、

1.とにかく詳しい
2.お得に買い物ができる
3.気持ちがいい

です。

1.とにかく詳しい
これは何を今更なんですが、その詳しい知識も相手本位になっているんです。
この方にどんな情報を、どのように伝えたら価値が伝わるのか?を考えているんですね。

難しいことを難しく伝えることは実は誰でもできます。
相手の知識とかに合わせて、相手が理解できるように伝えられるのがプロです。

 

2.お得に買い物ができる
知識やコミュニケーションスキルの高い方は当然ですが仕事ができます。
そんな方はほとんどの場合「力」があります。

どんな力か?
融通を利かせられるんです。
在庫の関係や、店の状況を把握して一番得になるよう提案してくれます。

もちろん相手が得を感じるように。
そして当然ですが自分たちの利益もしっかり確保しています。

ボランティアではなくビジネスである以上利益の確保は必須です。
それを相手が満足感を感じながら自社の利益を確保できるのがプロです。

 

3.気持ちがいい
そして何と言っても接していて気持ちがいいんですね。
売り込まれている感じもしないし、買わせられている感じも全くしません。

そして、たとえ思い通りにいかなくても常にいい笑顔のままです。
相手を気持ちよくするのがプロです。

3つの理由はいかがでしょうか?
私の主観ではありますが、何かしら納得できる部分もあるかと思います。
業種業態は問わず、ビジネスをやっている以上はプロでありましょう。

自戒をこめて。

 

あなたは自他共に認める「プロ」ですか?

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
家族から尊敬される父親が増えたら、
家庭円満な家族だらけになる。
そんな家庭が多かったら、
いい世の中である。
間違いなく。
淡治優太
http://cool-father.com/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ビジネスを通して『かっこいいオヤジ』を増やす!
1000いいねを取ったレポートをプレゼント中♪

そもそも『かっこいいオヤジ』とは?

ズバリそれは家族から尊敬されるオヤジです!

家族から尊敬されるにはどうすればいいのか?

その中で『起業』『ビジネス』を手法の一つとして考えています。

メルマガ登録でもらえる無料レポートは必見です^^

まずは下記からすぐに登録してください。

E-book画像111

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

淡治です。 どうすればかっこよくなれるんでしょうか? そもそもかっこいいって何でしょう? 私の中で、「自分も周りも幸せにする男」がかっこいいと思います。 もちろんまだまだこれからですが、日々精進しております^^ そんな毎日の学びをシェアをさせて頂きます。 自分も周りも幸せにする人生をお互い送りましょうね^^ そんなおやじが増えれば、世の中間違いなく最高です!