知らない人は損してる?確実に業績アップするスタッフ採用法を検討してみた!

知らない人は損してる?確実に業績アップするスタッフ採用法を検討してみた!

どんな会社でも、経営者でも言う事があります。

「人材が大事だ!」

フリー写真 人混みの中に立つ外国人女性

けど、その大事な人材を採用する方法をほとんどの人は知りません

 

直感だったり、適当な人材会社に頼んだり、、、
そうやって採用しても、ほとんどの場合満足なパフォーマンスを上げてくれない。
そしてまた一から採用を始める。。。

人材が大事なのはわかっている、けどどうやったら本当に使える人材を採用できるのでしょうか?

優秀な右腕の雇い方

もしあなたが、

・優秀な右腕が欲しい。
・社員の尻ぬぐいばかりで困っている。
・放っておくと社員が動かなくなる。
・採用でどんな人を雇えばいいか分からない。
・大事な事業を任せられる人材が欲しい。

というようなことを考えたことがあるなら、今回ご紹介する本は非常に役に立つ1冊になるかもしれません。

なぜだと思いますか?

毎年毎年右肩上がりで伸びていく会社と
そうでない会社の違いは何でしょうか?

それは『優秀な右腕』の存在です。

 

優秀な右腕がいると責任をもって業務を切り盛りしてくれるため、業務上の細かい判断やトラブル対応といった問題にわずらわされなくて済むんです。

もう、社長自身がこまかいことに頭を悩ませる必要はなくなり、社長は本来の仕事である経営に専念することができるのです。
お分かりのはずです、経営者の本当の仕事は何かを。

 

実際、スティーブ・ジョブズにもティム・クックという右腕がいました。
彼はアップルの大躍進を陰で支え、ジョブズ亡き後の今ではアップルを率いて【現在】も業績を伸ばし続けています。
あなたもapple製品をご存知ですよね?

macbook,iphone,ipod,など。

世界中の人を魅了しています。
ジョブズが無き今もです。

 

ちなみにこれは誤解です。

中小企業にそんな優秀な右腕は来ない。
大企業の右腕の話など参考にならない。
高い給料を払わないといい人材は雇えない。
部下は裏切るものだから教えすぎない方がいい。

もしかすると、上記のようなことを思われるかもしれません。

 

確かにティム・クックのような右腕は簡単には見つからないし、自社で働いてくれないかもしれません。
けど、そこまで大きくない規模のビジネスなら、問題なく回せる右腕は世の中にいくらでもいます。
いないと思っているのは誤解です。

 

現に優秀な人材は世の中にいて、もっとチャンスや機会を求めている人は必ずいるんです。
あの優秀な人が自社に来てくれたらものすごく助かるのになぁ~とか考えたことがあるはずです。

 

それに間違いなく言えるのは、優秀な右腕がいるとビジネスが楽になるということです。
ある人材が入社し、その結果生まれた新商品やサービス、それによって大ブレイクした会社は世の中にたくさんあります。

問題はその人材を見つけることができるかどうかなのです。
そして、その優秀な右腕を見つけるためのノウハウを語ったのがこの本です。

 

 

著者のジェフ・スマートは1万2000件にも及ぶクライアントを持ち、3万件のマネージャーに対して成功する雇用法を教えてきたghSMART社の会長兼CEOなんです。
この本は数万件の採用を経験してきた彼だからこそ知っている多くのメソッドが書かれています。

採用の秘訣「Aメソッド」を余すことなく伝授してくれるまさに採用のための本です。
ただ、この本はただの採用の本ではありません。
もっとスキルの高い、社長の「右腕」の採用本です!

あなたが経営者なら、自分の分身がいたらいいと思ったことがあるはずです。

 

スキルのある右腕が欲しい!!

こんな心の叫びをいつも叫んでいる経営者の方は、この本がもしかしたら大きな転機になるかもしれません。
適当な事を並べる自称コンサルタントなんかに丸投げは絶対にやめてくださいね!!
人材は人財と言います。

材料ではなく、財産なんです。

 

けど、全くその通りだと思います。

もし、優秀な右腕が欲しいなら、是非、この本をチェックしてみてください。

↓   ↓   ↓
http://directlink.jp/tracking/af/1420664/XCxTQFcz/

 

お菓子工場のルーシーの話

こんな話を聞きました。
あるお菓子工場の話です。

ルーシーと親友エセルがお菓子工場で働くエピソードなんですが、採用に関しての多くの学びがあります。

どんな話かというと、ベルトコンベアの上を流れるチョコレートを包装する仕事を任された2人ですが、そのスピードについていけないんです。
どんどん目の前をチョコレートが過ぎていきます。

困った2人は何をしたか?

チョコレートを素通りさせる代わりに、それらを口の中やポケットの中にどんどん詰め込んでいったんです(笑)
そこへやってきた現場監督が、空のベルトコンベアを見て2人の働きぶりを褒め讃えました。
スピードについていけたと思ったんでしょうね。

そして現場監督は隣の部屋に向かって叫びました。

 

「ベルトコンベアのスピードをもっと上げて!」

そうです、ルーシーとエセルが問題なくできたから、もっとスピードを上げてもいけると思ったんですね。

お分かりの通り、そこからが本当の混乱が始まりました。
それはそうです、遅いスピードでついていけなかったんですから、スピード上げてついていけるはずありません!

こんな状態では、生産性を上げようとどれだけ時間を費やしたとしても無駄ですよね。

 

なぜなら、現場監督が抱える問題はベルトコンベアではありません。
コンベアの上を流しているのがチョコレートだからでもありません。
問題はルーシーとエセルだったんです。

ルーシーの問題、それはつまり「人材」の問題である。

この本に書かれているテクニックの数々は、役員会であれ、どんな階層の採用担当者であれ、誰にとっても役立ちます。

雇用が必要なあらゆる立場の人に対し、ふさわしい人材を見つけるための手助けとなるはずです。
なぜならその方法そのものがあなたのために人材の適性評価を行ってくれるからなんです。

そのため、あなたが働く組織の掲げる目標や価値観から焦点がぶれることなく、個々の候補者選びに集中できるはずです。
↓   ↓   ↓

http://directlink.jp/tracking/af/1420664/XCxTQFcz/

 

 

本当に欲しい人材を、採用するにはどうすればいいと思いますか?

 

 

お読み頂きありがとうございました。
素敵な一日を過ごされてください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
家族から尊敬される父親が増えたら、
家庭円満な家族だらけになる。
そんな家庭が多かったら、
いい世の中である。
間違いなく。
淡治優太
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メルマガの登録解除は下記からお願いします。
お知り合いの方にお勧め頂けると幸いです。
http://mail.omc9.com/m/BOd7

ビジネスを通して『かっこいいオヤジ』を増やす!
1000いいねを取ったレポートをプレゼント中♪

そもそも『かっこいいオヤジ』とは?

ズバリそれは家族から尊敬されるオヤジです!

家族から尊敬されるにはどうすればいいのか?

その中で『起業』『ビジネス』を手法の一つとして考えています。

メルマガ登録でもらえる無料レポートは必見です^^

まずは下記からすぐに登録してください。

E-book画像111

ABOUTこの記事をかいた人

淡治です。 どうすればかっこよくなれるんでしょうか? そもそもかっこいいって何でしょう? 私の中で、「自分も周りも幸せにする男」がかっこいいと思います。 もちろんまだまだこれからですが、日々精進しております^^ そんな毎日の学びをシェアをさせて頂きます。 自分も周りも幸せにする人生をお互い送りましょうね^^ そんなおやじが増えれば、世の中間違いなく最高です!