【プラレール博から学んだ子供向けビジネスでも●●を売れ!!】

【プラレール博から学んだ子供向けビジネスでも●●を売れ!!】

行ってきました、プラレール博2016!!
http://www.takaratomy.co.jp/event/eventlist2/pla2016-tokyo.html
場所は千葉の幕張メッセです。

私の住む埼玉から約2時間かけて行って参りました(笑)

 

結論から言うと、子供が喜んでいた様子なので「まあいいか」という感じです。

個人的に(親の視点)はそれほど楽しくもなくリピートはどうなんだろう?という感じ。

 

 

大きなオモチャ売り場

「おもちゃ 写真 フリー」の画像検索結果

あの場所を表現するなら、一番適しているのは、『たんなる大きなオモチャ売り場』という表現が適切かなと思います。。。

たくさんのプラレールが置いてあり、運転するオモチャとかが体験できたり、まさにオモチャ売り場という感じでした。
いや、ダメだと言っているわけではないですからね^^;

 

あの会場は何の為かというと、別に世の中の子供達を喜ばせたい!とかの使命の元に開催されているわけではありません。
『収益』を上げるためにやっています。
タカラトミーという会社が、プラレールという商品の拡販の為に行なっています。

至極まっとうな事です。

タカラトミーといえば誰もが知るオモチャのメーカーさんです。
ダッコちゃん人形、リカちゃん人形、チョロQ、黒ひげ危機一発、トランスフォーマー、フラワーロック、ポケモンシリーズ、誰もが知るおもちゃを製造販売してきました。

 

そもそもプラレールとは

「プラレール」の画像検索結果

その中でもプラレールは6歳以下の子供たちの認知率が9割にのぼるんだそうです。
青いプラスチック製のレールの上を、単3乾電池1本で走る3両編成の列車が製品の基本構成であり、それが長年変わっていない

 

ご家庭によっては、お兄ちゃんが使っていたプラレールをそのまま使うのはもちろん、親戚のお兄ちゃんが使っていたものを今もそのまま使えるのである。
もちろん、新しい車両であったり、光ったり、音が出たり、新しい付属品だったりと新商品を出し飽きさせない工夫は凝らされています。

そして忘れちゃいけないのが、誰もが知ってるきかんしゃトーマス、チャギントンのシリーズです。

トーマスは本当にウチの子も好きですね。
トーマスに関して言うと、グッズの販売の仕方がうまい印象です。

 

プラレールはもちろんなんですが、あのキャラクターを使った商品構成が素晴らしく充実しているんです。 
ご飯食べる道具、身に付けるもの(服、カバン、靴、等)、もうありとあらゆるものがあります。
ただ、DVDに関して言うとウチの子がよく見ているのはチャギントンの方です。
話の展開、動きがあるかないか、声優さんの感じなど色々な要素があるんでしょうけど。

 

シンプルな作りというのは、小さな子供から大人場まで愛され続けている理由の一つだと思う。

50年以上愛されている以上、以前書いた記事の多くのロングヒット商品と同じように長く愛される理由である『ポジショニング』がされているんだろう。

【ロングセラー商品、使い続けられている驚愕の真実!】

 

プラレール博

プラレール博 in TOKYO

先ほどプラレール博を大きなオモチャ売り場と表現しました。
理由として、ぜひ下記の開場マップをご覧ください。

この会場図を見てもらえばお分かりの通り、会場を4分割すると右上だけがイベントというか、入場券で遊べるエリアなんです。

それ以外はマーケット、プレイエリア、カフェ、など全部何かしらお金がかかります

 

それに、無料で遊べるエリアにあるコーナーで何があるかというと実際に売っているおもちゃを体験しようってコーナーなんです。

ウチの子が体験したのは運転士になって、プラレールを運転しよう!というオモチャです。
それを数十分かけて並んで遊ぶというのは、どうなんでしょう^^;
特にこの会場に来なくても、トイザラスとかでいいような気がします。

ただ、仕掛ける側としてはうまいなぁと思いました。

まずは「体験」させる。

これは何よりもいい広告ですからね。
体験して楽しければ子供は当然お父さん、お母さんにおねだりです。

我が子が楽しそうに遊んでいる姿を見た親御さんも、ついつい財布の紐がゆるむかもしれません。

 

あと、同じような戦略なんでしょうね。
プレイランドというエリアでプラレールで遊べるエリアがありました。

そこは新しい電車とかも置いているんでしょうねきっと。

親的にはプラレールで遊ぶのは、別にここに来なくてもできるのでは?
家でやればいいじゃん!と思います。

仕掛ける側としては、新しい機種に触れてもらい、アップセルを期待すると。

 

無料オファー

「プレゼント 写真 フリー」の画像検索結果

今回ですね、無料オファーが付いていたんですが、それがなかなか良い感じでした。

参加者全員に入場記念品【北海道新幹線はやぶさ 中間車】をプレゼントとしたんです。

つい先日開通した北海道新幹線ですね。
これは子供でなくても欲しい(笑)

けど、ここで疑問に思った方もいるかもしれません。

《中間車》って何?

そうなんです。
プラレールは基本的に3両編成でして、先頭と後部の丸みがある流線型のボディは別で、実際に動く車両も中間ではないんです。

意味分かりますか?

そうです、中間車両をプレゼントされることで、前と後ろが欲しくなるんです!

例として言うと、髭剃りの《刃》をプレゼントするのでボディは買ってくださいと言ってるようなものです。

 

 

会場では《当然》販売しています。

なので、多くの人が袋をさげていました。

あと、おじいちゃん、おばあちゃんが一緒だとダメですね。
簡単に買ってしまうので^^

 

個人的に何の理由もなくおもちゃとかを買い与えるのは好きじゃないので今回は何も買いませんでした。

だってそうじゃありません?
特に何の理由もなくオモチャを買い与えられたら、ちょっと欲しいアピールすれば親が買ってくれるんだと言う認識が子供にできてしまったら、、、
子供がかわいそうです!

ありがたみが無さすぎです。
簡単に手に入ったものは、簡単に大事にしなくなります。
当たり前です。

 

大人もそうですよね。
無料でもらったものと、欲しくてお金を貯めて買ったものと同じわけがないです。

そりゃ買ってもらったその時は大事にしますよ。
その時は。
けど、すぐにその他大勢と一緒です。

 

であれば、買ってあげるのにも《理由》があったほうが良いのかなと思いました。
もちろん何でもいいんです。

・誕生日
・こどもの日
・普段会えない祖父母と会えた時
・何かのお祝い

“非”日常の時に手に入るんだよと。
買ってもらえるのは当たり前じゃないんだよと。

 

個人的に自分のお小遣いを貯めてとかで買うのであれば好きにすればいいと思います。

けど、どうせなら喜びとか嬉しさが長い期間継続してもらいたいなぁと思います。

 

まとめ

・プラレール博は大きなもチャ売り場
・プラレールのシンプルさがポイント
・プラレール博はお金を使わせるのがうまい
・大事なのは『体験』
・イベントでも無料オファーの大切さ
・子供には安易に買って上げない方がいい

イベントとしてはたくさんの親子を毎年集めている大きいものです。
2歳以下は無料なので、お金を払わなくてもいい年齢であれば一度連れて行ってみてもいいかもしれません。

色々と学べると思います。

 

最近行ったイベントでの学びはなんですか?

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
家族から尊敬される父親が増えたら、
家庭円満な家族だらけになる。
そんな家庭が多かったら、
いい世の中である。
間違いなく。
淡治優太
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ビジネスを通して『かっこいいオヤジ』を増やす!
1000いいねを取ったレポートをプレゼント中♪

そもそも『かっこいいオヤジ』とは?

ズバリそれは家族から尊敬されるオヤジです!

家族から尊敬されるにはどうすればいいのか?

その中で『起業』『ビジネス』を手法の一つとして考えています。

メルマガ登録でもらえる無料レポートは必見です^^

まずは下記からすぐに登録してください。

E-book画像111

ABOUTこの記事をかいた人

淡治です。 どうすればかっこよくなれるんでしょうか? そもそもかっこいいって何でしょう? 私の中で、「自分も周りも幸せにする男」がかっこいいと思います。 もちろんまだまだこれからですが、日々精進しております^^ そんな毎日の学びをシェアをさせて頂きます。 自分も周りも幸せにする人生をお互い送りましょうね^^ そんなおやじが増えれば、世の中間違いなく最高です!