ついにベーシックインカム(BI)実現か!? 働かずにお金が欲しい人必見!!

ついにベーシックインカム(BI)実現か!? 働かずにお金が欲しい人必見!!

 

あ~働きたくねー!!
ってか、お金さえあれば働かなくて済むのに~。

何てことを思ったことがある方はいませんか?
正直に言います、私はあります。
まあ、働きたくないというよりは、働かなくてもいい状態になったうえで好きな仕事だけをしたいなと。

それをかなえる方法があるそうです!!
その方法はこちら
↓   ↓   ↓
あやしいサイトのURL

みたいなことはしませんのでご安心ください(笑)
ただ、かなりその状態に近いことを国が政策の一環としてやろうとしている国もあるようです。
簡単に言うと、国民に対して政府がお金を毎月払っていきましょう!という政策です。

某政党がやった●●手当みたいなしょぼいものではありません。
あれじゃあご飯食べれませんから。

『ベーシックインカム』

名前を聞いたことがある方も無い方も、新しいお金を得る形になるかもしれませんので聞いてください。

ベーシックインカムとは

フリー写真 お金を払って宅配ピザを受け取る手

 

まず、この言葉の意味をシンプルにお伝えします。
これは覚えてくださいね。

『政府が、全ての国民に最低限の生活ができるお金を支払う構想』

です。

もっとこむずかしく長々と書くことはできるのですが、この説明分かりやすくないですか?
登場するワードは3つです。

1.政府
2.『全て』の国民
3.最低限の生活ができるお金

この3つです。
分かりやすいですよね。

言葉の意味からも内容が伝わってきます。

ベーシックインカムはbasic incomeと書きます。

basic・・・基礎、基本
income・・(定期的に入る)収入、所得

なのでBIとも呼ぶそうです、基本的な生活ができる毎月定期的に入る収入となります。
言葉の意味として分からない部分が無いのかなと思います。
これが毎月もらえるなら、それはもらいたいと誰もが思うはずです。

ただ、普通の知能がある方であれば考えるはずです。

「本当に毎月?」
「財源は?」
「全国民という事はお金持ちにも?」
「誰も働かなくなるのでは?」

などなど。
ベーシックインカムという言葉は聞いたことがあるという方も正直よく分からないと思います。
結局のところ導入するメリットやできない理由は何なのか?

なので、そのあたり色々と調べてみました。

ベーシックインカムと似たお金

政府から毎月の生活のために支給されるお金という事で似ているものがあります。
それは年金生活保護失業保険です。
これらはどれもBI同様、毎月の生活を保障してくれるお金です。

明確に違う点としては、『条件』があることです。
それぞれに受給条件があります。

それぞれどんなものか見てみると、

【年金】

終身または一定期間にわたり、毎年定期的に一定の金額を給付する制度のもとで、支給される金銭。
また、老齢・障害・死亡などを保険事故とし、被保険者や遺族の生活保障を目的とする年金保険制度のこと。

もっと分かりやすく書くと、働いている間に年金を国に払い、その後退職してからも生活に困らないように、生きている間はずっとお金をもらえるようにするという仕組み。

ただ、意外と知られていない事なのですが、年金というのは自分で貯めたぶんを後でもらうのではありません。
今働いている人が納めたぶんを、既に退職した人に回すようになっています。
その仕組みに協力すれば、自分も将来退職してから、若い人達が納めた年金をもらえるようになるんです。

知ってました?
意外と、年金って自分が毎月払って積み立てたものが将来戻ってくるイメージの方が多いのではと思います。
ですが、高齢化で年金受給者は増え、少子化で若い納税者はどんどん減っているため、将来的に仕組み自体が成り立たなくなることが心配されています。

将来は受給額が減ることが予想されているため、納めたぶんより少なくしかもらえないと考えて、払わない若い人も増えてるんですね。
まあ普通に考えて払ったお金より少なくなると分かっていれば、払いたくないのが道理です。

【生活保護】

生活保護制度は、生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としています。
よく聞くキーワードですよね。
若くして一度受けてしまうと、もう抜けられないとか聞いたことあります。

だって普通に考えてください。

・パートやアルバイトに出て毎月10数万円
・何もしないでいつもらえる毎月10数万円

どっちがいいですか?
嫌々やってるパートやバイトであれば、それは何もしなくてもお金が入ってくる方が楽に決まっています。

今でこそだいぶ厳しくなったようですが、昔は簡単に生活保護が受給できたようです。
大阪とか、それを求めて近隣の市町村からすごい集まってきたそうですから。
そんな人達が増えたら、いい街になりそうもないですよね^^;

もらえる条件ですが、下記になります。

①援助してくれる身内、親類がいない
②まったく資産を持っていない。
③(病気、ケガなどでやむなく)働けない(例外もあります。)
④上記①~③を満たしている状態で、月の収入が最低生活費を下回っている

本当に必要な人は福祉の力を活用し、自立への道を目指してもらいたいです。
が、不正受給とかしている奴ら、マジで国外強制退去か強制労働で返還させるべきだと思います。
それを利用して稼いでいる奴らも同罪です。

不正受給って言葉はどことなくライトに聞こえますが、横領、窃盗、詐欺と同じ犯罪だと個人的には考えます。

 

【失業保険制度】

これもよく聞く言葉です。
使ったことがある方はどのくらいいるのでしょうか?
就職して転職する、これは今の時代かなり当たり前になってきています。

なので、結構使ったことがある方多いかもしれませんね。
ちなみに失業保険というのは、今まで会社勤めをしていた人達が自ら離職したり、解雇や倒産、定年などで職を失ったとき、新たな仕事が見つかるまでの間に支払われる給付金のことです。

正確には、「失業保険」という単語は公的には使われていません。
私たちが失業保険と呼ぶ制度は、雇用保険の一部である基本手当を意味するんだそうです。

失業保険の受給資格対象になる2つの条件

1.退職の日以前2年間に被保険者期間が通算して12か月以上あること。
ただし、特定受給資格者又は特定理由離職者については、離職の日以前1年間に被保険者期間が通算して6か月以上ある場合でも可となっています。

2.就職しようとする積極的な意思があり、本人やハローワークの努力によっても職業に就くことができない失業の状態にあることです。
病気、けが、出産のためなどは含まれないんですね。

 

各国の対応

フリー写真 手に描かれた世界地図

・日本

年金生活世帯(夫婦2人)の平均消費支出は約24万円/月なので、毎月12万円を全国民にベーシックインカムとして支給すると仮定したら、なんと年間で173兆円の財源が必要となります。
社会保障給付費(年金、医療、介護・福祉などの合計)が117兆円であることを考えると、とても賄えません。
ホリエモンさんなんかはシンプルに「公務員削減」と「消費税増税」をすればできると言っていましたがどうなんでしょうね。

ただ言えるのは、年金がベーシックインカムに置き換わると、年金に関連する役所や役所の外郭団体の人員は大いに削減可能です。
そうなるとそこで不要とされた人が潔く引退して、ベーシックインカムをもらうことで満足するなんてことは非常に考えづらい。
というか無理でしょう。

ただでさえ、色々な利権や退職後の就職先である外郭団体などが減ることに対して、直接・間接両方の方法で陰に陽に抵抗するでしょうね。
その公務員や団体から献金をもらっている国会議員は当然自分の損になることはやらないでしょうし。
日本で導入してほしいけど、かなり先になるのかなという気が個人的にはします。

・スイス

2016年6月5日に行われた国民投票で、ベーシックインカム(最低限所得保障)の導入が反対多数(約78%)で否決されました。
スイスではきちんと議論をして国民投票までしています。
全国民に問うた結果、今はベーシックインカムは導入しないという結論になりました。

スイスの反対派の意見府や経済界からは、「 財源不足」や「労働意欲の減退」を危惧し導入に反対する意見が相次いだようです。
また、平均所得の低い国から多くの外国人がスイスに流入するのでは、という問題もあったようです。
大阪の生活保護の問題と同じですよね。

ちなみに、スイスで提案されたベーシックインカムは一般的なベーシックインカムとは異なり所得制限が存在します。
具体的には就労による収入が月額2500スイスフランに満たない国民に月額2500スイスフランまで給付する制度なんです。
そのため収入がある人はベーシックインカムがもらえず、また収入が月額2500スイスフラン未満でも就労収入がある人はベーシックインカムが減額されることになります。

その結果、高所得者や中間層の支持を得にくい制度であり、結果的に反対派が賛成派を上回りました。

・フィンランド

つい最近のニュース(2016.8.26)で報道されていました。

『月6万円強の最低所得保障、フィンランドが試験導入へ』

ただし、いきなり全国民ではありません!
労働年齢の国民から無作為に選んだ2000人を対象に、月額560ユーロ(約6万4000円)を給付する計画だといいます。
その2,000人が支給されてからどうなったかなどをリサーチして決めるんでしょうね。

ちなみに、どうなったら継続し全国民に開始で、どうなったら試験は中止し支給ストップになるんでしょうか?
そのあたりも気になります。

今回の試験導入の流れは、昨年5月に就任したユハ・シピラ(Juha Sipila)首相の公約に従って決定しました。
実業家出身のシピラ首相は、ベーシック・インカムの導入が雇用促進や社会福祉制度の簡素化につながるかどうかを検証したい考えだそうです。

雇用促進、福祉制度の簡素化

どうなるかすごく気になります。

 

ベーシックインカムの財源はどこから?

色々と世界中で議論されているベーシックインカムですが、財源はどこから来るのでしょうか?
例えば日本で言うと、所得税や消費税を財源にする場合は今の税制のままでは財源はありません。
ですが、ベーシックインカムは政府が大きな買い物をするとかではなく、国民の所得の一部を再分配することなので、新しい財源はいらないともいえるのです。

「再分配」

新しい言葉が出てきました。
けどまあそこまで難しい言葉ではなく、分配の仕方を改める、集めた税金をどこに振り分けるかを改めるという事です。

今まで無駄に使っていた税金を、もっと世のため人のために使うという事ですよね。
ベーシックインカムの財源は、人によっては現状の社会保障の置き換えなので本質的な問題はないという方もいます。
具体的に試算した結果、何パターンか考えられるそうです。

 

たとえば、すべての国民に毎月5万円支給の場合で年間75兆円(総人口1億2500万人で計算)、毎月8万円支給で136兆円になります。
しかし、ベーシックインカムの導入によって現行の社会保障費のかなりの部分が必要ではなくなります。
ある研究者によれば、毎月8万円支給の場合、現在の社会保障費から50兆円程度はベーシックインカムに振り替えられるそうです。
とすれば、86兆円の財源があれば毎月8万円のベーシックインカム導入は可能という考えですね。

・所得税率を上げて、その一部をベーシックインカムとして再配分するという方法。
・消費税率を大幅に上げて、財源にあてる方法。
・所得税と消費税の両方を少しずつ増税して組み合わせるという方法。

 

どんな財源を使うにせよ、日本は他の国に比べても特に大きな借金があります。
その借金を返しながら、福祉が必要な高齢者は増える、少子化で税金を払う若者は減っている、余裕がない財政は今後ますます進むのは間違いなさそうです。
もちろん、ベーシックインカムをはじめ色々な施策を実行することで多くの国民がハッピーになればそれは理想的ですし、それを願っています。

けど、個人的にはベーシックインカムをはじめとした社会保障に頼らなくてもきちんと自立できる状態を皆が作らないといけないなと切に思いました。

 

ベーシックインカムのメリットデメリット

decision-1013752_960_720

メリット

・所得が増えても金額は全員一律なので、低所得者が所得を増やすと公的支援が減少してしまい貧困状態から抜けたくても抜け出せないという状態を避けることができる

・年金や生活保護などの社会保障支出をベーシックインカムに一元化することで、年金や生活保護に関わっている役人の相当数が不要になり多くの無駄を省ける

・最低限の生活が保証されれば、企業年金など福利厚生の水準が低い非正規雇用の仕事にも就きやすくなるので、雇用情勢の改善に役立つ

・子どもを産むことが収入増につながるので、少子化対策になる

デメリット

・財政をさらに圧迫させる可能性がある。

・最低限の生活に必要な収入が保証されることで働く意欲が落ちる。

・海外の場合、平均所得の低い国から多くの外国人が所得の高い国に流入するのでは、という問題(ここで言う所得はベーシックインカムの事)

・ベーシックインカムだけでは高額医療を支えられない可能性が高い(生活保護世帯の医療費は原則無償)。

・高齢者のための各種医療費扶助も財源不足から廃止もしくは縮小されている可能性が高いので、ベーシックインカムでは支えきれない。

・「ベーシックインカムで質素な暮らし」はできるが、その為に仕事をしない人などは病気になったとたんに支払えず大変なことになる

まとめ

・ベーシックインカムとは、『政府が、全ての国民に最低限の生活ができるお金を支払う構想』

・ベーシックインカムと似たお金
政府から毎月の生活のために支給されるお金という事で似ているものがあります。
年金、生活保護、失業保険

●ベーシックインカムのメリットデメリット

メリット

・貧困状態から抜け出せる
・役人の相当数、多くの無駄を省ける
・雇用情勢の改善に役立つ
・少子化対策になる

デメリット

・財政をさらに圧迫させる
・働く意欲が落ちる。
・平均所得の低い国から多くの外国人が流入する
・高額医療を支えられない可能性が高い
・高齢者のための各種医療費
・病気になったとたんに支払えず大変なことになる

個人的には財源などがクリアになれば、メリットの方が大きいと思います。
実現すればブラック企業の問題とかも減ったりしたらいいなと思いますし、世界的に見るとお金の為に奴隷的な労働をさせられている人がいなくなればいいと思います。
その実現に当たっての課題は、頭のいい人たちにお任せして今日は終わろうと思います(笑)

 

ベーシックインカムの導入について、あなたは賛成ですか?反対ですか?

 

お読み頂きありがとうございました。
素敵な一日を過ごされてください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
家族から尊敬される父親が増えたら、
家庭円満な家族だらけになる。
そんな家庭が多かったら、
いい世の中である。
間違いなく。
淡治優太
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メルマガの登録解除は下記からお願いします。
お知り合いの方にお勧め頂けると幸いです。
http://mail.omc9.com/m/BOd7

ビジネスを通して『かっこいいオヤジ』を増やす!
1000いいねを取ったレポートをプレゼント中♪

そもそも『かっこいいオヤジ』とは?

ズバリそれは家族から尊敬されるオヤジです!

家族から尊敬されるにはどうすればいいのか?

その中で『起業』『ビジネス』を手法の一つとして考えています。

メルマガ登録でもらえる無料レポートは必見です^^

まずは下記からすぐに登録してください。

E-book画像111

ABOUTこの記事をかいた人

淡治です。 どうすればかっこよくなれるんでしょうか? そもそもかっこいいって何でしょう? 私の中で、「自分も周りも幸せにする男」がかっこいいと思います。 もちろんまだまだこれからですが、日々精進しております^^ そんな毎日の学びをシェアをさせて頂きます。 自分も周りも幸せにする人生をお互い送りましょうね^^ そんなおやじが増えれば、世の中間違いなく最高です!