どうなる2021年? 自動運転が普及した先の未来とは!?

どうなる2021年? 自動運転が普及した先の未来とは!?

 

人間が動かすことなく、勝手に車が動いてくれるんだそうです。
すごい世の中にになりそうですね^^

けど、デメリットとか心配な事はないのでしょうか?

水を差すわけではありません。
成長や進化は必須です。
けど、それをふまえてメリットデメリット調べてみました。

 

自動運転の定義は?

「自動  写真 フリー」の画像検索結果

そもそも『自動運転』という言葉をみんなが使っていますが、明確な定義はあるのでしょうか?
どこからどこまで自動でやってくれればいいのでしょうか?

ナビというものがあります。
行き先に関しては、常に自動的に勝手に目的地まで届けてくれます。
これもある意味『自動運転』と言えるのではないでしょうか?

 

まず、自動運転車とは何を指すか?

『人間の運転操作を行わなくとも自動で走行できる自動車』である。
             

そのまんまですね。

英語では「autonomous car」と表記され、その他「ロボットカー」「UGV (unmanned ground vehicle)」「ドライバーレスカー (driverless car)」「self-driving car」などとも呼ばれています。
個人的にUGV (unmanned ground vehicle)というのは初めて聞きました。

unmannedというのが『無人』という意味になります。

 

自動化のレベル

言葉としては同じでも、内容が全然違います。
野球の選手と言っても、草野球、社会人野球、プロ野球、メジャーリーグとレベルが違います。
自動化でもそうなんです、一口に『自動化』と言っても内容に違いがあるんです。

日本政府や米国運輸省道路交通安全局 (NHTSA) では自動化のレベルを以下のように定義しています。

レベル0

ドライバーが常にすべての主制御系統(加速・操舵・制動)の操作を行う。
前方衝突警告(FCW)などの主制御系統を操作しない運転支援システムもレベル0に含む。

レベル1

加速・操舵・制動のいずれかをシステムが行う状態。
自動ブレーキなどの安全運転支援システムによる。

レベル2

加速・操舵・制動のうち複数の操作をシステムが行う状態。
アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付き)等がこれに該当する。
ドライバーは常時、運転状況を監視操作する必要がある。
その為、2016年時点で市販されているシステムはある程度の時間(10~15秒等)、ハンドルから手を離しているとシステムが解除される等の仕様となっている。

レベル3

加速・操舵・制動を全てシステムが行い、システムが要請したときはドライバーが対応する状態。
加速・操舵・制動を全て自動的に行うシステム。
通常時はドライバーは運転から解放されるが、緊急時やシステムの限界時には、システムからの運転操作切り替え要請にドライバーは適切に応じる必要がある。

 

レベル4

完全自動運転。加速・操舵・制動を全てドライバー以外が行い、ドライバーが全く関与しない状態。
安全に関わる運転操作と周辺監視をすべてシステムや外部に委ねる。
有人、無人両方がある。

レベル4に該当するシステムは、上記の鉱山等で運用されている無人ダンプや無人軍事用車両等、特殊環境で運用されているもののみで、一般市民が公道を走れるものは2016年時点では市販されていない。
2016年に世界で初めてオランダで公道でレベル4相当の無人バスの試験運転が開始された。
これはドライバーなしで6人の乗客を乗せての公道走行を行った。

レベル4実用化に向けて、世界中のメーカーさんがしのぎを削っています。
ドライバーが全く関与しない状態ということは、そもそもドライバーの役割の人がその車にはいないんでしょうね。
運転席なんてなく、『座席のみ』の車ができるのかもしれません。

 

現在の日本の状況

「日本  写真 フリー」の画像検索結果

現在どの程度進んでいるのでしょうか?
先ほど出てきたオランダのバスがあったり、ちょっと前に話題になったGoogleの自動運転カーがありましたね。
国産も負けてはいません!

2016年7月13日、日産自動車は国内の自動車メーカーとしては初となる、自動運転技術を搭載した新型「セレナ」を発表しました。
すでに米国・テスラモータースが自動運転車両「モデルS」を販売していたためか、新鮮な驚きを持って受け止められているとは言い難いものの、普及価格帯の乗用車に自動運転技術を搭載したことは、非常にチャレンジングな試みとの評価を得ています。

 

ただ、残念ながら先行きはそれほど明るくないと言わざるを得ません。。。
なぜかと言うと、日本は『規制』が強いんです!

日本が批准しているジュネーブ道路交通条約では「ドライバーは運転に責任を持つこと」と規定されているため、現状の制度下ではレベル3以上車両の「システムの責任による」自動走行が許可されていないんです。
したがって、いかに優れた技術を持っていたとしても、すべてのメーカーはレベル2までの車両しか販売することができないんです!

 

せっかく技術もあってやれば作れるはずなのに、規制のせいで作れないとかもったいなさすぎます。
幸いなことに、この企画は安倍首相の肝いりなところである。
現役の総理大臣がリーダーシップを発揮してくれることを願っています^^;

日産自動車は、2020年までに自動運転車の発売を目指すと発表しており、公道を走るのに必要な法規制を整備した国から順次売り出す予定だそうです。
2015年現在、日産では、2016年、2018年、2020年と3段階での自動運転機能の商品化を目指しており、2016年末までにはトラフィックジャムパイロット、2018年には高速道路での完全な自動運転、2020年には一般道での自動運転実現と段階的な開発を目指しています。

 

メリット、デメリット

「腕組み 写真 フリー」の画像検索結果

自動運転になりました、みんながハッピーというわけではありません。
どんなことでも良い面があれば、悪い面があります。

メリット

・交通事故の削減

これが一番大きいと言われていて、米・ランド研究所は、米国における年間衝突事故530万件のうち、自動運転によって3分の1の削減が可能だと見積もっています。
ドイツ・英国政府は90%以上の事故がヒューマンエラーに起因するものだとされています。

・駐車場いらず

乗員が降りたあと、無人で遠くはなれた駐車場への駐車が可能になり、必要なとき呼び戻せる。

・人件費の削減

過疎地のバス交通において、乗務員を乗せる必要がなくなるため、人件費による赤字や、慢性的なバス運転手の不足が解消される。

デメリット

・マシントラブルの可能性

自動運転の車には必ずある、車載コンピュータに不正アクセスされる可能性があります。
パソコンがウイルスにより不正操作されるかのように、VIPの車や、犯罪に使われる可能性もゼロにはできません。

・天候の影響を受けやすい

天候の影響を受けやすいナビゲーションシステム(2014年のグーグルのプロトタイプ車は雪や豪雨で走行できない)。

・歩行者などの認識がまだ弱い

警察や歩行者などのジェスチャーや合図に、現状だと自動運転車が適切に対応できないそうです。
いくら道路を走れても、そちらの対応ができないと行動での実用化ができませんものね。

 

まとめ

現状、多くの人が思っている以上に自動運転の仕組みは進んできています。
もちろん段階的に。
メリット、デメリットが当然あることを見極めたうえで受け入れる必要がありますよね。

自動運転が普及することにより、世の中の多くのドライバー(タクシー、バス、ハイヤー、トラック、その他)達の仕事があぶれることが目に見えています。
そのことは、多くの人間にとってはプラスであり、ハッピーになる人が増えることを切に願います。
そして、仕事が無くなるであろう彼らの為に、我々が何かをするというよりも彼らが何かを気付いてくれたらいいなと思います。

 

 

自動運転車が普及した未来を、どのように考えますか?

 

 

お読み頂きありがとうございました。
素敵な一日を過ごされてください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
家族から尊敬される父親が増えたら、
家庭円満な家族だらけになる。
そんな家庭が多かったら、
いい世の中である。
間違いなく。
淡治優太
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メルマガの登録解除は下記からお願いします。
お知り合いの方にお勧め頂けると幸いです。
http://mail.omc9.com/m/BOd7

ビジネスを通して『かっこいいオヤジ』を増やす!
1000いいねを取ったレポートをプレゼント中♪

そもそも『かっこいいオヤジ』とは?

ズバリそれは家族から尊敬されるオヤジです!

家族から尊敬されるにはどうすればいいのか?

その中で『起業』『ビジネス』を手法の一つとして考えています。

メルマガ登録でもらえる無料レポートは必見です^^

まずは下記からすぐに登録してください。

E-book画像111

ABOUTこの記事をかいた人

淡治です。 どうすればかっこよくなれるんでしょうか? そもそもかっこいいって何でしょう? 私の中で、「自分も周りも幸せにする男」がかっこいいと思います。 もちろんまだまだこれからですが、日々精進しております^^ そんな毎日の学びをシェアをさせて頂きます。 自分も周りも幸せにする人生をお互い送りましょうね^^ そんなおやじが増えれば、世の中間違いなく最高です!